No.0874 , 0875

フュージング応用 ステンドグラス パネル

「夫婦」四角、「春」丸

ステンドグラスパネル「夫婦」反射光で見た場合 「夫婦」透過光で見た場合
「夫婦」を反射光で見た場合 「夫婦」を透過光で見た場合
「夫婦」裏側 ステンドグラスパネル「春」
「夫婦」の裏側 「春」を透過光で見た場合

サイズ「夫婦」横450×縦600mm、「春」直径500mm
設置場所栃木県: レジャー施設 「夫婦」脱衣所の扉、「春」洗面所の扉
制作経緯オーダーメイド
制作年度2006年度
 フュージング応用作品2作です。格子状の黒い線で囲まれた1区画1区画がフュージングタイルで出来ています。これをステンドグラスの技術を使い半田で繋いで、大きな面積を実現しています。
 「夫婦」の方は脱衣所に付けるため、背景が透けないように白磁のようなガラス(オパールセントガラス)をベースにフュージングしています。一方、丸い「春」は背景が見えても良いので、クリアガラスをベースにフュージングしています。厚さ約3mmのベースガラスの上に1.6mm厚のカラーガラスを乗せて、約780℃で焼成しています。「夫婦」は裏から見ると、柄が良く見えないので、裏側にも少しガラスの破片を付けて、退屈にならないようにしました。
 フュージングの良さは、透過光でも反射光でもきれいに見える点にあります。透過光ではステンドグラスのように、反射光では絵皿を見るように楽しめます。「春」は透過光で撮影しましたが、ハイライトがきらきら眩しいです。

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ