No.0674

ステンドグラス ファンランプ

「冬のころ:つわぶき」

ファンベース(木製スタンド)に設置したところ 横から見たところ
ファンベース(木製スタンド)にステンドグラス ファンランプを設置したところ

サイズ直径250mm
設置場所寝室、棚の上など
制作経緯自主制作
制作年度2004年度
 初冬の花つわぶきの黄色い可憐な花とリズミカルな葉の重なり、葉陰でひっそりと春を待つタテハチョウをデザインしました。「ファン」とは扇のことで、ステンドグラス ファンランプは扇形をした小型のランプです。

斜めから見たところ
ファンランプを斜めから見たところ

 つわぶきは晩秋から初冬に花を咲かせる菊科の植物で、その茎は煮てきゃらぶきとして食します。葉と花の対比が面白く、以前にも行灯のモチーフに用いました。黄色の花には、フランス・サンゴバン社のセレニウムイエローを、それ以外はドイツ・ランバーツ社のアンティークガラスを用いています。

窓辺に吊したところ
ガラス越しに見える背景

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ