No.0285

ステンドグラス 行灯

「蔦(つた)」

つた
ステンドグラス 行灯「蔦」

サイズ直径150mm×高さ470mm
設置場所神奈川県: 個人邸
制作経緯自主制作
制作年度2000年度
 このステンドグラス行灯は、アンバーのアンティークガラスでできた円柱に絡み付く、 紅葉したツタをデザインしたものです。 アンバーには、グラデーションのあるオッパク処理をして、円柱全体が拡散発光するようにしました。 ツタは、廃盤になったウロボロスのリングモトルで、下部が赤が強く、上部にいくほど緑が強くなるように配置しました。 グリザイユの焼き付けや、行灯の形、そしてアンティークガラスとオパールセントガラスの併用と、 様々な意味で平成12年のステンドグラスの制作スタイルを代表する作品となりました。力作です。

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ