開催中(予定)の展覧会

海外展


出張・うしく現代美術展
in グレーヴェ・イン・キアンティ(仮称)

【日時】平成29年7月7日(日)〜7月13日(日)
【場所】サンフランチェスコ美術館
  (グレーヴェ・イン・キアンティ市/イタリア)

※フュージング画の作品2点と水墨画数点を出展します

グループ展


第23回 うしく現代美術展

【日時】平成29年11月19日(日)〜12月3日(日)(休:11月27日)
【場所】茨城県牛久市中央生涯学習センター
※フュージング画の作品1点を出展します



福田作品と個展

▲ページトップへ

 多くのオリジナル作品が、個展やグループ展から生まれてきました。

 今では私の代表的スタイルとなっている、和風ステンドグラス(水墨画風のグレー基調の作品)を初めて発表させて頂いたのは、2000年の東京銀座の個展でした。 同時にこの個展では、ティファニーランプとは違ったランプ、円筒ステンドグラス行灯の作品も数点発表させて頂きました。

2000年発表の和風ステンドグラスとステンドグラス円筒行灯

 2002年の千葉県柏市での個展では、絵付けステンドグラスで「わるノリ猫」シリーズを数点発表させて頂き、宮沢賢治の世界を、シニカルな猫達で表現してみました。
 また、フュージングで15cm四方程度のタイルを焼き、これを組み合わせたランプも発表させて頂きました。

2002年発表の「高台の料理店」とフュージング応用行灯

 2005年の茨城県龍ヶ崎市での個展では、高さ1.8m×幅1.2m近い大きな裸婦ステンドグラスを発表させて頂きました。
 この故事や神話に基づく裸婦モチーフの大型ステンドグラスは、達風流のもうひとつの柱になっています。

2005年発表の大型裸婦像ステンドグラス「レディ・ゴディバ」

 現在は、工房内に常設ギャラリーを設けていますので、多くの在庫作品をいつでも見ていただくことができます。

 また、現在フュージング画の研究も進めています。この作品群もH24年/11月の個展で発表させていただく予定です。


過去の展覧会ダイジェスト

▲ページトップへ

個展題字
個展では、多くのお客様にご高覧頂きました

過去の展覧会のアーカイブ

※下記をクリックすると、詳細な記事が表示されます

常設展

ギャラリー達風では「常設展」もしていますので、ご覧下さい
▲ページトップへ